注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.03

フランスの鉄道―RERとメトロ―

<フランス パリでの行程>
・2009年2月下旬の学生旅行ツアー
・現地係員のみ、ホテルとシャルル・ド・ゴール空港間の送迎は付、あとは自由
・初日のヴェルサイユ宮殿で、パリ・ミュージアムパス2日分を購入(30ユーロ)

[前夜]
 KLM(オランダ航空)にて、シャルル・ド・ゴール空港に到着
 その後ツアーパスにてムドンの森近くの宿泊先ホテルに移動

[1日目]
 9:00 ヴェルサイユ宮殿(ミュージアムパス)
 開館の9時とほぼ同時に到着、駅からは徒歩10分程度でわりと近い
 プチトリアノン(離宮)は11:00に開館、結局4時間ほどいました。 

14:30 マクドナルドで遅めの昼食

16:30 オルセー美術館(ミュージアムパス)
 18;00の閉館まで、急いで見学

19:00 エッフェル塔
 展望台へ

[2日目]
 8:30 サントシャペル(ミュージアムパス)
10:00 コンシェルジュリー(ミュージアムパス)

10:30 カフェでガレットをいただく

12:00 ルーブル美術館(ミュージアムパス)

18:00 エトワール凱旋門(ミュージアムパス)

19:40 シャンゼリゼ通りのレストランで夕食

[翌日] 昼の便で日本へ



フランスの宿泊場所は Meudon-Val Fleury駅(ムドンの森駅)が最寄りでそこからバスに乗らなければなりませんでした。
駅名の通り、ムドンの森の中にあるホテルです。
格安学生ツアーなのでローマに引き続き、郊外での宿泊となりました。

Meudon-Val Fleury駅
 パリ市内と郊外を結ぶ「RER (イル・ド・フランス地域圏急行鉄道網)」の駅です。
Meudon-Val Fleury駅(フランス)
自動改札

【つづきの記事はこちら】
スポンサーサイト
Posted at 22:41 | フランス | COM(0) | TB(0) |
2009.03.03

エトワール凱旋門、エッフェル塔

凱旋門
凱旋門
凱旋門上から見るパリの景観


エトワール凱旋門
アウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年のナポレオンの命令によって建設された門です。
高さ約50m、幅約45mです。

シャンゼリゼ通りをはじめ、車の交通量が非常に多い通りをまたぐ門なので、地下道を通らなければたどりつけません。
凱旋門
昼の凱旋門
凱旋門
夜の凱旋門

凱旋門
中層階からは凱旋門の下を通るシャンゼリゼ通りが見えます
凱旋門
凱旋門
凱旋門の中層階


エッフェル塔
 パリの電波塔で、高さは324mあります。 展望台は3つあり、下から高さ57.6m、115.7m、276.1mです。

 せっかくなので、私たちは最上の第3展望台まで昇りました。
 展望台から眺めるパリ市街の夜景は素晴らしかったです(写真は撮れなかったけれど
エッフェル塔
如何せんデジカメの電池残量が危機的な状態になってしまったので、携帯のカメラでとったらこんな写真に…


エッフェル塔土産はパリのお店のそこらじゅうにありました。エッフェル塔は愛されているんですねー
エッフェル塔みやげ
エッフェル塔みやげ
エッフェル塔パスタ
エッフェル塔パスタ

Posted at 20:29 | フランス | COM(0) | TB(0) |
2009.03.02

ルーブル美術館-2―工芸品、絵画、彫像―

陶器や刀剣、飾り、家具など様々な工芸品がならびます。
オリエント部門やエジプト部門もあるので幅広い作品を見ることが出来ます。

もっとじっくり見たかったなぁ。
ルーブル美術館

【つづきの記事はこちら】
Posted at 17:20 | フランス | COM(0) | TB(0) |
2009.03.02

ルーブル美術館-1 ―内装、工芸品―

ルーブル美術館は本当に広くて、半日あっても見たりなかったです。
でもこんなに広いくて、多くの作品があるのに、観覧料はなんと9.5ユーロ。
もちろんパリ・ミュージアムパスも使えます。
ルーブル美術館

【つづきの記事はこちら】
Posted at 16:27 | フランス | COM(0) | TB(0) |
2009.03.01

ノートルダム大聖堂、サン・トシャペル、コンシェルジュリー(パリ シテ島)

サント・シャペル
フランスで最も感動した  サント・シャペルの全面ステンドグラス


ノートダム大聖堂
 世界遺産に登録されている、パリ シテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂です。
 1163年に着工され、1225年に完成しました。ナポレオンの戴冠式が行われた場所でもあります。
 シテ島内にはノートルダム大聖堂のほかにも、サント・シャペル、コンシェルジュリー等があります(この後に行きます)。
 
 中に入りたかったのですが、開館時間前からものすごい列で待ち時間も長かったので、諦めてサント・シャペルに向かいました。
ノートダム大聖堂
ノートダム大聖堂


サント・シャペル
 世界遺産に登録されている、1248年に建てられたゴシック建築の2階建ての教会
 1階部ももちろん美しいんですが、2階部は天井まで広がる非常に見事な全面ステンドグラスで、とても美しかったです。
サント・シャペル
サント・シャペル
サント・シャペル
サント・シャペル
サント・シャペル
↓2階
サント・シャペル
サント・シャペル
サント・シャペル
サント・シャペル



コンシェルジュリー
 世界遺産に登録されている かつての牢獄
 マリー・アントワネットが処刑される前に2か月半過ごした独房があった場所です。
コンシェルジュリー


すべてパリ・ミュージアムパスで入れます
Posted at 23:44 | フランス | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。