注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.07

8/7~8/8 越後妻有 大地の芸術祭2015(新潟県十日町市・津南町)

新潟・大地の芸術祭

かねてより見に行ってみたかった 新潟県 越後妻有の作品群。
せっかく行くならば鑑賞できる作品が多い、大地の芸術祭時期に行こうと、今年の夏を待っておりました。
開催期間は2015年7月26日(日)~9月13日(日)の50日間と、少々短め。
この中で行ける日は限られていたので、1日有休をとって行ってきました!

【旅行期間】
2015年8月7日(金)~8月8日(土) 1泊2日
【つづきの記事はこちら】
スポンサーサイト
Posted at 12:27 | 北陸・新潟 | COM(0) | TB(0) |
2008.08.29

石川旅行3日目―金沢

金沢二日目。
朝の食事はコンビニのパンでした。
心配してた雨も小雨程度で、降っても傘を差して観光しながら歩ける程度。
周遊バスの回数券(8回分1000円)を買っているのでそれを使いつつ、回ります。
ただ、周遊バスは一日乗車券や回数券があり、観光客の需要も高いのですが、本数や、車内の広さ(かなり狭い)が見合っておらず、使い勝手が悪かったです。

写真はひがし茶屋町。
ひがし茶屋町
ひがし茶屋町

その後、武家屋敷跡、寺町、にし茶屋町、主計町を散策しました。
写真はありませんが、武家屋敷跡の町並みもなかなか好きです。
和菓子屋さんが多く並んでいて、ほとんどの店内でお茶をすることが出来ます。
お菓子の味見をしているときにお茶をくれる店もいくつかありました。
そのなかで、気に入った菓子をみやげに購入。

豪雨に見舞われて満足に見れなかった、兼六園にも再度入園。
紅葉が少し色づいていました。
兼六園

そのあとは、伝統産業工芸館を見たり、金沢城を歩いたり。。

帰りは17時過ぎ発の特急「はくたか」から、越後湯沢で乗り換え新幹線。
金沢から東京まで4時間ほど。
「はくたか」から見えた日本海の夕暮れはとても美しかったです。
Posted at 23:45 | 北陸・新潟 | COM(0) | TB(0) |
2008.08.28

石川旅行2日目―和倉→金沢

朝風呂に行って、朝食食べて宿を出ました。
その後、甘味処のご賞味券を使って「ごま屋」でおまんじゅうと抹茶を頂きました。
折角なので、ごまプリンを買って帰りました。うむ、券の狙い通りになってしまいました・・・。

チェックアウトの限界である、10時に宿が和倉温泉駅までのバスを出してくれるのため、それまでの時間、甘味処のすぐ近くにある、総湯の目の前の足湯に使ってまったりしていました。
宿は本当に対応が良くて、1万円以下のプランであんなに広い部屋に二人で泊まれたことにも驚きでした。


正午過ぎに、金沢到着。
金沢駅付近のホテルに荷物を預け、バスで兼六園へ。
兼六園に入って、成巽閣で「前田家伝来 夏衣裳と調度展」を見ていたら、ゲリラ豪雨に見舞われてしまいました。
おまけにほとんど弱まらず、止む気配なし。
外を歩くのが厳しかったので、半分くらいしか見ずに、兼六園をあとにし、少し道に迷いつつも昼食にじぶそばを食べました。
鴨肉が大好きでじぶそばを頼んだのに、申し訳程度の薄さの鴨肉が二つほどのっていただけでした。
ちょっと悲しくなります。
しかし、友人の鴨肉をもらい復活。(おい!)

そのあとは、ちかくの21世紀美術館にてサイトウマコト展+ロン・ミュエック展と無料の常設展示物を見ました。
ロン・ミュエックの作品はなかなかインパクトの大きいものばかりで、見てて面白かったです。
観賞客もロン・ミュエック点のほうが断然多かったです。

写真は美術館の壁になっている加賀友禅の模様。
ちゃみぃの部分は友人が写ってた部分です(笑
21世紀美術館

美術館を出ても雨は止むこともなく、早めの帰途へ。

夕食は近江市場の「弥生」にて海鮮丼・特盛、1700円。
かなりのボリュームでネタはすごい分厚いものも。
ちなみに、海鮮丼でよくのっている、私の苦手な「いくら」がのっていなかたのでこれを頼みました。
海鮮丼

この日の宿泊はビジネスホテルで、女子大浴場のある珍しいビジホでした。

[3日目 金沢街歩き]
Posted at 21:44 | 北陸・新潟 | COM(0) | TB(0) |
2008.08.27

石川旅行1日目―能登

金沢へ北陸号の到着が20分程度遅れたお陰で、当初考えてた電車に乗れなかったものの、本数はそれなりにあるので、七尾行に乗りました。
ただ、そのひとつ先の駅である、和倉温泉駅行きが少なかった・・・。
当初は能登島へ行こうと考えていたのですが、結局のと鉄道にそのまま乗って、終点「穴水」を目指すことにしました。
1~2両編成のローカル鉄道で、廃線が相次ぎ、随分路線が短くなったようです。

ちなみに1泊目は平日なので、のと鉄道の「じんのび宿泊プラン」を活用。
9500円にて和倉温泉1泊2食+のと鉄道2日乗り放題+8旅館湯めぐり券+甘味処のご賞味券
がついたプラン。この金額で泊まれないようなお宿にも泊まれて、かなりお得。

のと鉄道

穴水駅に到着してからは、のと鉄道利用者に駅にて無料貸し出されているレンタサイクルを利用して、周辺散策をしました。
目立った観光地があるわけでもないのですが、海が本当にきれいでした。

その後、穴水から出ている輪島駅行きバスに乗り、輪島散策。
バスの行き先名は輪島「駅」なのですが、もう輪島には、電車は通っていません。
輪島到着時は正午過ぎで、朝市はもう終わっており、人もまばらでした。
輪島塗のギャラリーやお店を見つつ、朝市通りとわいち通りを行きました。
輪島塗の説明等を受けつつ、商品を見ながらすごいなーとは思ったが結局何も買いませんでした。
箸くらいは1000円前後でも手塗りの綺麗な箸がたくさんあったので、買おうと思えば買えたんですが・・・。

輪島にて海老丼

昼は海老丼で、海老のからをとったら、しょぼーい丼ものになってしまいました;
汁物にも海老が二匹入っていて海老尽くしです。これで1000円。

そして、輪島をあとにし、本日の宿泊場所でもある和倉温泉にある「ホテル海望」へ。
到着は16時過ぎで早めのチェックイン。
あとは湯めぐり券を有効に使おうと早速温泉旅館に足を運びました。
周辺は宿泊施設が立ち並んでいて、券の使える8館が近距離にあり、楽に行き来できました。

18時からは宿泊施設の桟橋から500円で乗れるクルージング。
かもめの餌用にパンの耳をちゃっかり80円で販売していて、餌が貰えた船にずっとついてくるかもめが一緒に写っています。端に写っているのは能登島。
夕焼けの空と海が美しかったです。
クルージング
クルージング

夜の食事、値段を考えれば申し分ない。
お刺身は少なめだったけれど、蟹がたくさんあり、満足。
和倉温泉にて夕食


そして、夕食後は宿から徒歩10分掛からない、会場へのシャトルバスがあるという、いたれりつくせり状態のお祭りへ。
毎晩やっているという、夏祭りの抽選会だけ参加しましたが、2人ともはずれでした。そんなもんです。

[2日目 和倉→金沢]
Posted at 22:58 | 北陸・新潟 | COM(0) | TB(0) |
2008.08.27

寝台特急 北陸号

寝台列車初乗車。
思っていたよりも広かったです。

上野駅から金沢駅まで寝台特急「北陸号」のB寝台ソロに乗車。
北陸フリー切符で乗車できるので、カードキーもある個室なのに、安く使えます。
ただ、一階だったため 車輪の音や揺れが直に来て、一時間ごとくらいに目が覚めてしまいました。
今度寝台に乗る機会があったら、絶対二階が良いな。
寝台特急北陸
寝台特急北陸

まくら付近にあるのは浴衣。JRマークが模様になっています。
Posted at 09:18 | 北陸・新潟 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。