注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.21

ベトナム旅行(ハノイ市内観光・水上人形劇)

タイ・ベトナム周遊旅行(09年9月20日~25日)2日目

また、バスに乗ってハノイ市街へ戻ります。
ハノイ 自動車衝突事故
途中、衝突事故があって道が渋滞してしまいました。
すぐ目の前で玉突き事故になっていたので、無事だったことにホッとしました。


途中 安いツアーにはつき物の会社契約みやげ店への立ち寄りです。
ハノイみやげ店
[自然の親善的な製品]
ちょっぴり不自然な日本語が並ぶおみやげ店
ハノイみやげ店
[ベトナムの文化であるお茶の飲食]

【つづきの記事はこちら】
スポンサーサイト
2009.09.21

ベトナム旅行(ハロン湾・ティエンクン洞)

タイ・ベトナム周遊旅行(09年9月20日~25日)2日目

宿泊したハロン・スプリングホテルから直線距離で500mほどのところにハロン湾の桟橋があるので、朝は遅め。 ハロン湾クルーズは9:00からです。

毎度のことですが、朝食は宿泊先のホテルにてバイキング
朝食のフォー
フォーはその場で作ってくれます
ホテルのバイキングにしてはなかなか美味しいフォーでした。


午前中はベトナムきっての景勝地「ハロン湾」へ
(どのサイズまでのものを岩と数えているのかは、分かりませんが)3000以上もある奇岩が エメラルドグリーン色の美しい海面から突き出す光景は「海の桂林」と呼ばれています。
1994年にユネスコ世界遺産に登録されたこともあり、ベトナム北部を代表する一大観光地となっています。

バスで船乗り場まで行き、ハロン湾クルーズ船に乗船
クラブツーリズムのツアー客23名で貸切です。
ハロン湾クルーズ
約30人が乗船できるクルーズ船  同じようなたくさんのクルーズ船が海辺に溢れています。

ハロン湾 クルーズ船
クルーズ船の船内   扇風機があちらこちらにあり、広々としています。
ここで海鮮料理の昼食もいただきます。
【つづきの記事はこちら】
2009.09.20

ベトナム旅行(ハノイ)

タイ・ベトナム周遊旅行(09年9月20日~25日)1日目

ツアー予約を取るのに苦労したシルバーウィーク。
この次は6年後、2015年まで9月の大型連休は来ないそうで、とても貴重な連休です。

当初行きたかった国には行けなかったものの、どうにかキャンセル待ちをしていたツアーに空きが出て、9月20日(日・祝)出発25日(金)帰着の4泊6日にてタイ・ベトナム周遊旅行をしてまいりました。
ちなみに、前回ベトナムに行ってからわずか7ヶ月。
2度目の訪問がここまで早く来るとは、2月のホーチミン訪問時には思ってもいませんでした。

参考までに、旅行会社はクラブツーリズムにて ツアー代金は全日食事代金込みで69800円
空港税、出入国税、燃油、シェラトンホテルへのランクアップ2泊分 5000円、OPの水上人形劇を含んで87000円程になりました。
現地ではアンコールワット旅行時と同様、1万円も使わなかったので、お小遣いを併せても10万円でおつりが来ます。
繁忙期なのでさほど安さは追求できませんでしたが、大型連休の割には安く済んだかな?と思います。

今回の旅行はベトナムの首都 ハノイから入りまして、タイの首都 バンコク、ベトナムの商業の中心地 ホーチミンへ行き、日本へ戻ります。
6日間という短い旅行期間内で、4回も国際線に乗るという なかなか変わった旅程です。


11:00 ベトナム航空・日本航空共同運航便 成田発ベトナム・ハノイ行き
機内食は以前食べたことのあるメニューなので省略 美味しい鯖の味噌煮です。

到着は14:30 時差は2時間マイナスなので、所要時間は5時間半程度です。 
ノイバイ国際空港(ベトナム・ハノイ)
ベトナム・ハノイ  ノイバイ国際空港


ハノイはベトナムの首都ですが、商業の中心はホーチミン。
街並みもホーチミンのほうが栄えています。こちら、ハノイは政治・文化の中心地ですね。
ハノイからのバス
現地係員のティンさん
本当に頭の良い人で、良く勉強もしているし、日本語も上手。
慣用句も良く知っているし、漢字もすらすら読めてしまいます。
翻訳の仕事もしているそうで、そのお仕事関係で日本に2度ほど訪れたことがあるそうです。

空港からバスに揺られて4時間
ハノイ市街からハロン湾を目指します
【つづきの記事はこちら】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。