注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.15

福智院、新薬師寺、元興寺、奈良国立博物館

4月11日
宝山寺(生駒聖天)----ケーブル・電車--奈良町資料館→庚申堂→ならまち格子の家→十輪院福智院→新薬師寺→元興寺→奈良国立博物館
新薬師寺
新薬師寺



福智院
僧玄が建立した清水寺の遺鉢を受けた寺として、受け継がれてきました。
古来南都における地蔵信仰の霊場で、もとは興福寺大乗院の地蔵堂であり、現在は真言律宗の寺です。
福智院

福智院
福智院 本堂(重要文化財)

福智院

福智院



新薬師寺
光明皇后が聖武天皇の健康回復を祈って建立したといわれるお寺です。
平安時代以降に規模は縮小しましたが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えています。
新薬師寺

新薬師寺



元興寺
この旅行、最後の世界遺産 元興寺。
日本最初の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)が平城遷都にともなって、新築 移転されたのが、元興寺です。
元興寺

元興寺

元興寺

元興寺

元興寺

元興寺



和処「よしの」
JR奈良駅からほど近い ホテル日航奈良3階にあるお店です。
和処「よしの」

奈良のうまいもの認定メニューの和処よしの特製「大和鍋」が、旅行本に載っていたので行ってみました。
和処「よしの」 大和鍋
和処「よしの」 大和鍋
大和鍋御膳 2,300円

鶏ガラのだしを豆乳と牛乳で割った白いスープに、モチモチの大和芋の揚げ団子とコリコリした歯ごたえの大和肉鶏などが入っています。
やさしい味で、おいしいです。。


奈良国立博物館
奈良国立博物館
平城遷都1300年記念 「大遣唐使展」 開催中

 国宝42件、重要文化財87件に中国・アメリカの第一級の文化財を加えた計約260件を展示し、遣唐使の先駆といえる遣隋使が派遣された607年以降、約300年間にわたって展開されたダイナミックな日中交流の様相と、大陸文化を吸収して成長と変貌をとげたわが国の軌跡を空前のスケールでたどります。

3時間くらいで、さーっと見ましたが全部は見切れませんでした。 かなり見ごたえのある展示です!
良いものがたくさん見れました~。


充実した春の奈良3日間の旅でした。
今回もお付き合いいただいた、友人にお礼を・・・そしてまたまたかなーり歩かせてごめんね!
スポンサーサイト
Posted at 06:40 | 奈良 | COM(0) | TB(0) |
2010.04.14

まち歩きが楽しい 奈良町(資料館、庚申堂、格子の家、十輪院)

4月11日
宝山寺(生駒聖天)----ケーブル・電車--奈良町資料館→庚申堂→ならまち格子の家→十輪院→福智院→新薬師寺→元興寺→奈良国立博物館

奈良町
奈良町
奈良町のまちなみ



近鉄奈良駅
近鉄奈良駅に到着早々、沢山のせんとくんが観光客をお出迎え
近鉄奈良駅のせんとくん

せんとくんが「いっしょに写真をとろうよ!」なんて誘うから一緒に記念撮影をしました。
近鉄奈良駅のせんとくん
「つの」が危ないみたい

奈良のご当地キャラグッズ
奈良のご当地キャラが乱立しすぎ  せんとくんだけでいいじゃないか~



ぶと饅頭が有名な「萬々堂通則
萬々堂通則
萬々堂通則

萬々堂通則のぶと饅頭
ぶと饅頭 210円
ぶと饅頭とは春日大社の神撰で、これがうまく出来なければ一人前の神職ではないと云われています。


奈良町資料館
奈良町で使用されていた、江戸時代の看板や生活具が展示されています。
入場無料で、10時からの開館。
この日は10時の開館に合わせて入りました。
奈良町資料館
館内には日本最大という直径1.7mの絵皿などが並びます。
ちなみに、庚申信仰の身代わり猿(外につり下がっている赤いもの)を販売しているのはここだけだそうです。
おばあちゃんの家に沢山あったのを覚えていますが、ここで買ってきたのかな― と思ったり。
奈良町資料館
屋根の上には猿が並びます



庚申堂   奈良町の庚申信仰の中心
たくさんの身代わり猿と赤い提灯がぶら下がっている小さなお堂。
お堂の内陣には、青面金剛立像(庚申さん)が祀られています。
奈良町 庚申堂




ならまち格子の家
伝統的な奈良町の町屋を再現し、昔の奈良の町屋の生活様式に触れることが出来ます。
入場無料、撮影自由なので奈良町らしい素敵な写真が撮れます。
ならまち格子の家
格子が特徴
格子は昼間は目隠しの役割を果たすとともに、中からは外が見えるハーフミラーの効果があります。
そして、音や風を良く通し祭りや火事のときには即座に取っ払うことが出来ます。
機密性がなく手入れも大変ですが、いろいろな長所がこの町屋づくりに好まれ、広まっていったようです。
ならまち格子の家
みせの間
通りに面した一番目の部屋のことで、奥の住まいに対して「見せの間=店の間」と呼ばれています
鹿の障子絵が奈良らしくて良いですね
ならまち格子の家
階段の下に引き出しのついた箱段箱を昇って、2階から撮影

奥行きの深い町屋
間口が狭いというのは町屋づくりの共通点です。
かつては、税金が間口の広さで掛けられていたということのほか、町民らの「少しでも表通りに面したい」という願いをできるだけ多くかなえるための知恵だったといいます。



十輪院   地蔵信仰で知られたお寺
奈良町の一帯にあるお寺

本日は昼から花まつりが開催されるということで、その準備が進められていました。
のぼりに書いてあるのはなーむくんというキャラクター。
花まつりにはなーむくんの着ぐるみも来るとこことでした。
十輪院

十輪院

なーむくん
2009年6月に誕生した奈良町のキャラクター  本名は南都なーむ  実家は十輪院  職業は幸福請負業
苦手なものは「角のあるもの」ということで、せんとくんとは敵対関係にあるようです。
なんとくんの父親からのメッセージではあからさまにせんとくんを良く思っていない様子が記されていました。
------------------抜粋------------------
奈良に出現した「せんとくん」は仏さまの頭に2本のおおきな角を生やしたいでたちです。これは仏さまを侮辱する姿で、仏教徒としては看過できない存在であり、特に仏都あるいはこころの故郷といわれる奈良にはふさわしいものではありません。
角は鬼や獣を象徴し、また嫉妬や戦いの意味があります。仏さまの頭に角を生やすことは仏さまを鬼や獣に喩えることになります。

「せんとくん」の父親やその家族は「せんとくんは(仏さまではなく)童子であり、奈良の新たな歴史を築いていく役割を担う」存在だと主張されました。
また私は彼の父親と手紙のやり取りをしましたが、「仏法が衆生の前に変化(へんげ)して(せんとくんが)顕現した」などと申され、開いた口が塞がりませんでした。
せんとくんの眉間には白毫(びゃくごう)があります。白毫は仏さまのとても大切な特徴です。私たち僧侶は修法をする時、この白毫から発せられるきれいな光を自分の白毫で受け止め、仏さまと一体となる観想を行います。ですから白毫があれば仏さまと感じざるを得ません。

-----------------------------------------
これがキャラクターが乱立している所以か~
対立キャラクターはまんと君だけじゃなかったのね。


[次は 福智院、新薬師寺、元興寺、奈良国立博物館 です]
Posted at 22:21 | 奈良 | COM(0) | TB(0) |
2010.04.13

日本初のケーブルカーに乗って行く「宝山寺(生駒聖天)」

4月11日朝
宝山寺(生駒聖天)----ケーブル・電車--奈良町資料館→庚申堂→ならまち格子の家→十輪院→福智院→新薬師寺→元興寺→奈良国立博物館

午前8時から拝観できるということで、8時くらいに宝山寺に到着できるよう、ホテルを出発しました。
宝山寺(生駒聖天)
宝山寺


近鉄生駒駅のロッカーに荷物を預け、ケーブルカーの駅へ向かいます。
近鉄生駒駅前
近鉄生駒駅前


生駒ケーブル 鳥居前駅
生駒ケーブル 鳥居前駅

鳥居門前と宝山寺間を結ぶ、生駒ケーブル宝山寺線は1918年(大正7年)の開業で、日本初のケーブルカー。

生駒山上には「スカイランドいこま」という奈良県内唯一の遊園地があり、ケーブルカーもその遊園地の乗り物の延長のようなユニークな形をしています。
生駒ケーブル 鳥居前駅
生駒ケーブルの「ミケ」
対向ケーブルでは犬をモチーフとした「ブル」の車両も見かけました。
スルッとKANSAIチケットが使えるので、ありがたいです。

生駒ケーブルは15分~20分ごとの運行で、鳥居前駅から宝山寺駅までは5分ほどの乗車になります。

宝山寺駅前
宝山寺駅前
宝山寺駅を降り、10分程度歩くと宝山寺に到着します。

宝山寺までの道には旅館が立ち並び、民家もあります。
日曜の朝8時前と言うことで辺りはとても静かでした。

宝山寺(生駒聖天)
宝山寺 参道
宝山寺惣門までは石段が続き、その両脇には寄進された石灯籠が列をなします。

宝山寺(生駒聖天)
宝山寺 中門
商売の神が祀られており、商売繁盛にご利益があるとされる宝山寺。拝殿の周囲には財布のかたちをした像があります。
庶民の信仰を集めているお寺で、朝8時にもかかわらず、それなりの数の参拝客がいらっしゃいました。

観光と言うよりは、真剣に参拝している方がほとんどでした。
宝山寺(生駒聖天)
宝山寺の境内は結構な広さ

1時間ほど拝観しました



般若窟と呼ばれる大岸壁に抱かれるように拡がる境内に数多くの堂宇が立ち並んでいます。
宝山寺(生駒聖天)
壮観なお寺です

手前が本堂で、その奥が拝殿です。

宝山寺(生駒聖天)
般若窟
宝山寺(生駒聖天)
般若窟の岩壁には弥勒菩薩像が祀られています


拝殿の中を歩くこともできます
宝山寺(生駒聖天)
宝山寺 拝殿
宝山寺(生駒聖天)
靴を脱いで拝殿の廊下を歩きました。

宝山寺(生駒聖天)
宝山寺 多宝塔

宝山寺(生駒聖天)

宝山寺(生駒聖天)
宝山寺 大師堂

この壮観な雰囲気が好まれるのか、海外の方に人気のあるお寺だそうです。
前日に行った朝護孫子寺とともに、行って良かったな―と思えるお寺でした。

[次は 奈良町 です]
Posted at 21:46 | 奈良 | COM(0) | TB(0) |
2010.04.12

寅のお寺「信貴山 朝護孫子寺」

4月10日午後
法隆寺→中宮寺法起寺→法輪寺--電車・タクシー--朝護孫子寺(信貴山)

寅年の今年 年女でもある私が行きたかったお寺
信貴山 朝護孫子寺
信貴山朝護孫子寺

伝承では、寅の年、寅の日、寅の刻に四天王のひとりである毘沙門天が聖徳太子の前に現れ、その加護によって物部氏に勝利したことから、594年に毘沙門天を祀る寺院を創建し、「信ずべき貴ぶべき山(信貴山)」と名付けたとされています。


朝護孫子寺の最寄り駅は近鉄生駒線の「信貴山下」駅で、そこからバスもしくはタクシー(4kmほど)で行くことになります。
信貴山下駅周辺地図
信貴山下駅前にあった看板

電車の到着時間がちょうどバスのない時間だったので、タクシーで行こうと考えていたのですが、駅前にタクシーがいないときました。

どーしましょ、困ったな―

とりあえず、歩くか

ということで、歩きだしました。
【つづきの記事はこちら】
Posted at 20:27 | 奈良 | COM(0) | TB(0) |
2010.04.11

ボランティアガイドさんと巡る 斑鳩(法起寺、法輪寺)

4月10日午後
法隆寺→中宮寺法起寺→法輪寺--電車・タクシー--朝護孫子寺(信貴山)

ボランティアガイドさんと一緒にお昼を食べ、引き続き斑鳩を案内してもらいました。

斑鳩の菜の花
斑鳩町の菜の花


13:10  中宮寺裏の食事処「北小路」から歩いて約15分程度で法起寺に到着です

法起寺
聖徳太子創建七ヶ寺のひとつで、法隆寺と共に1993年に世界遺産に登録され、聖徳太子が法華経を講説したという岡本宮を寺に改めたものと伝えられている。

拝観料は300円、拝観時間は15分程度かかりました。
拝観者はわずかで、田園風景に囲まれた静かな場所にあります。
法起寺

ほとんどの建築物は室町以降の再建ですが、三重塔のみ706年の建立で、現存する日本最古の三重の塔として知られています。
法起寺
法起寺 日本最古の三重塔

法起寺
法起寺 聖天堂
1863年に建立されたお堂で天平時代には金堂があった場所に建っています。

法起寺はコスモスの名所としても知られています。秋はきれいでしょうね~


法起寺と法輪寺の間にある古墳
山背大兄王(やましろのおおえのおうじ)の墓所

「上宮聖徳法王帝説」では聖徳太子の子であるとされている山背大兄王のお墓。
山背大兄王の墓であるかどうかも、彼が聖徳太子の子であるかどうかも 看板に「伝」と書いてある通り、真偽は不明。
山背大兄王(やましろのおおえのおうじ)の墓
見た目は林

奈良はこんな感じの林がそこらじゅうにあり、古墳だらけでびっくりします。
山背大兄王(やましろのおおえのおうじ)の墓



法起寺から歩いて10分ほどのところにある寺院
法輪寺
山背大兄王や由義王が、太子の病気平癒を祈って建立したと伝わっていますが、天智天皇に百済の開放師らが建立したという説もあります。
拝観料は400円、拝観時間は20分程度かかりました。
法輪寺
法輪寺

法輪寺
法輪寺 三重塔
斑鳩三塔(法隆寺、法起寺、法輪時)のうち唯一昭和に再建されたもの

法輪寺


例年4月15日のみにしか開帳されない、法輪寺内にある妙見堂が遷都1300年ということで、2週間の特別開帳を行なっており、運良く今回の拝観がちょうどその時期にあたっていました。
そのお陰で、なかなか見ることのできない 天井にある星曼荼羅や、北極星を仏格化した本尊の妙見菩薩立像を拝観することができました。
※妙見堂特別拝観・・・2010年4月1日~4月15日
法輪寺 星のお堂
法輪寺 妙見堂

ボランティアガイドさんも妙見堂に入るのは初めてだということで、興味深そうに妙見堂を拝観していました。
天井の星曼荼羅は本当に素敵でした。
法輪寺 星のお堂

[次は 信貴山 です]
Posted at 22:39 | 奈良 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。