注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.06

四国アートめぐりの旅 概要 (鳴門→高知→高松→直島→豊島)

・期間 2014年5月3日~5月6日(ゴールデンウィークの連休4日間)

直島
直島

2014年のゴールデンウィークは、四国でアートな旅をしました。

美術館は、世界の名画1000点以上の原寸大作品が展示されている 鳴門の「大塚国際美術館」や、シャガール作品を多く収蔵する「高知県立美術館」などに行ってきました。


また、瀬戸内芸術祭で有名な島にも行ってきました。
高松から船に乗ること50分 アートなとして有名な「直島」はもちろん、直島から20分ほどの「豊島」にも行ってきました。
豊島は、直島よりも面積は大きいのですが人口は800人ほどしかおらず、いちご農園や千枚田の広がる自然豊かで、のどかな島です。

直島は現代芸術の聖地とも言われているそうで、欧米の旅行者もよく見かけました。
欧米からはるばる日本に来て、直島まで来るとはなかなかマニアックだな、と思ってしまいます。

瀬戸内の島々には、ほかにも「犬島」など島内にアート作品が点在する島があちこちにあるようで、またの楽しみにとっておけそうです。
GWの直島はすごい混雑とのクチコミを事前に見かけていたのですが、そこまででもなかったです。

地中美術館の整理券が1時間半後で、家プロジェクトの「南寺」で整理券配布をやっていた程度でしょうか。
ちなみに南寺は整理券配布のことを知らず、一番最後に周ってしまったので、帰りの船の時間上、行けなくなってしまいました (つ_<)

あと、困るとしたらレンタサイクルがなくなっていたことくらいですが、私たちは宿泊先で無料で貸してもらえたので全く困りませんでした(・▽・)
島内はタクシーなんぞほとんど走っていないので、島めぐりは自転車が快適快適~。




さて、4日間の行程です。

0日目(5月2日)
  20:29 新横浜駅 発 《のぞみ131号》 →
  23:35 岡山駅 着
  23:43 岡山駅 発 《マリンライナー73号》→
  00:47 高松駅 着
  宿泊  オークラホテル高松 (高松駅から1.6km/ツアー)


1日目(5月3日)   徳島県鳴門 【1日目の記事】
  7:30 朝食 うどん「さか枝」(かけうどん小180円)
  7:58 県庁通り《高徳エクスプレス/1,100円》→
  9:25 徳島駅 着
  10:00 徳島駅 発 《徳島バス》→
  11:06 美術館前 着

       大塚国際美術館 鑑賞
  14:30 鳴門公園 渦の道(渦潮の見ごろ・干潮14:30)
       鳴門金時芋ソフトクリーム
       大塚国際美術館 鑑賞

  17:10 美術館前 発
  17:28 鳴門駅 着
  18:07 鳴門駅 発
  19:06 阿波豊田駅 着(徳島駅のとなり駅)
       チェックインしてから、東大で40分ほど並ぶ
  20:30 夕食 徳島ラーメン「東大」 
  宿泊 ビジネスホテル ふじしま (3,300円)



2日目(5月4日)   高知 【2日目の記事】
  7:20 朝食 セルフうどん やま徳島駅前店
  7:45 徳島駅 発《高知徳島エクスプレス/2,100円》→
 10:35 高知(はりまや橋) 着

      日曜市、ひろめ市場
       昼食 ひろめ市場で購入した 鰹のたたき 等
 14:00 高知県立美術館
 16:30 龍馬伝幕末志士社中、高知観光情報発信館 とさてらす
       夕食 ぼうしパン

 19:00 高知駅 発《黒潮エクスプレス/3,400円》
 21:10 高松駅 着             
 宿泊  HOTEL WAKABA (高松駅徒歩10分/3,850円)



3日目(5月5日)   高松、香川県直島  【3日目の記事】
  9:00 高松・松下製麺所 (1玉200円)
  9:30 本場讃岐うどん 上原屋本店 (かけうどん小250円)
  10:30 高松市立美術館 《200円》
  12:40 高松港 発 《四国汽船フェリー/50分・520円》
  13:30 直島・宮浦港 着
    
      ベネッセアートサイト直島、直島散策 アート作品
      地中美術館 [90分]
      直島銭湯「I Love 湯」


 夕食 カフェサロン「中奥」(直島)
 宿泊 民宿 竹の家(直島/和室4,000円) 【竹の家の記事】



4日目(5月6日)   香川県直島、豊島  【4日目の記事】
  朝食 宿で
  9:20 直島・宮浦港 発 《四国汽船フェリー/20分・620円》
  9:42 豊島・家浦港 着
  10:05 豊島・家浦港 発 《豊島シャトルバス/200円》
  10:16 豊島・清水前 着

       豊島観光 アート作品
       空の粒子→島キッチン→豊島千枚田→豊島美術館(外観から)→勝者はいない-マルチ・バスケット ボール


  12:02 唐櫃港 《豊島シャトルバス/200円》
  12:19 家浦港

       いちご家(かき氷)
       豊島横尾館 [30分]

  13:35 豊島・家浦港 発
  13:57 直島・宮浦港 着

       直島・家プロジェクト

 17:20 直島・本村港 発 《四国汽船フェリー/20分・290円》
 17:40 宇野港 着 少し早目に着いた
 17:42 宇野駅 発 《JR宇野線・瀬戸大橋線/55分・570円》
 18:29 岡山駅 着
 夕食 岡山駅で購入
 19:09 岡山駅 発 《のぞみ186号》→
 22:11 新横浜駅




旅行代
 新幹線往復+1日目宿泊(JTBツアー) 24,300円
 宿泊費(3泊分/2日目~4日目)     11,150円
 乗船代(高松港→直島→豊島→宇野港) 2,050円
 高速バス代(高松→徳島→高知→高松) 6,600円
 他交通費(レンタサイクル、バス等)    3,190円        
 (※高松タクシー720/2円、ことでん190円、高松レンタサイクル200円、
   徳島バス(徳島→美術館バス710円+美術館→鳴門バス280円+JR鳴門→徳島450円、
   土佐電鉄市内往復200円*2、直島バス100円*2、豊島バス200円*2)

 入館料                     9,070円   
 (※大塚国際美術館3,240円、渦の道510円、高知県立美術館510円、高松市立美術館200円、 龍馬伝幕末志士社中500円、
   地中美術館2,060円、家プロジェクト1,030円、豊島横尾館510円、直島銭湯「I Love 湯」510円)

-------------------------------------------------
                         56,380円 +食事

海外旅行でガイドがつきっきりの場合は、ツアー代に入場料も移動も食事も込みなので、意外と国内旅行はお金がかかってるのではないか…という話になったので、算出してみました。
宿泊費から見てわかる通り、これでもバス代の早割を使ったり、安宿を探したりして、けずってるんですが・・・確かに意外とかかっています(・・;)

豊島
豊島
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/413-8e897360
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。