注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.21

11/20秋の京都-5(貴船神社)

貴船神社
水の神を祀る山あいの古社で、縁結びでも有名です。
叡山電鉄 貴船口駅からバスで5分ちょっと、歩くと30分ほどかかります。
拝観料が無料で、営業時間が6~20時と長いので有りがたいです。

鴨川の水源地在り、水の供給を司る「高おかみ」の神を祀っています。創建年代は不明ですが、平安京遷都後は水源を守る神として、皇室からも崇敬をうけていました。
日照りや長雨が続いた時には、雨乞いや雨止めの神事が行われていました。

また、和泉式部が夫との復縁を祈願し、願いが叶えられたことから縁結びの神としても信仰を集めています。
貴船神社 本宮
貴船神社 本宮の鳥居


貴船神社
貴船神社 南参道
貴船神社の鳥居をくぐると、春日灯籠が並びます。
貴船神社
春日灯籠が立ち並ぶ参道の石段を昇ると、本宮の社殿へ出ます。
本殿・拝殿は2007年に改築されたばかりで、まだ真新しい感じがします。
貴船神社

貴船神社は絵馬の発祥地だそうです。
貴船神社 絵馬発祥の地
貴船神社には黒馬・白馬の絵馬や貴船の神が龍神であることから龍絵馬などがあります。
水の神を祀る貴船神社では、雨乞いのときは黒馬を、雨止めのは白馬を献じての祈願が込められていました。
貴船神社 絵馬発祥の地
古来、馬は神の乗り物とされ、神輿が登場する以前は心霊のよりしろである鏡を榊に乗せ、それを馬の背に立てて行われていました。 ゆえに馬は神聖視され、神事や祈願の際に奉納されるようになりました。
ただ、生きた馬を献じるのは、献じる方(高価なため)も献じられた方(世話)も大変でした。 徐々に木や紙などで代用するようになり、平安時代には板に描いた馬で代えられるようになりました。

貴船神社
陽が落ちてくるにつれて春日灯籠の灯りが映えます
貴船
紅葉もきれいですね
貴船

貴船
鴨川にも灯りが燈ります
貴船
貴船はなんとなく温泉街のような雰囲気ですね
ずらりと料亭が並んでいるので、ここで夕食を頂くのもよさそうです
貴船
良い雰囲気です


叡山電鉄のライトアップ
叡山電鉄 貴船口駅
貴船口駅のホームの紅葉がきれいに染まっています
叡山電鉄は路線沿いの紅葉も見ごろでした
叡山電鉄 貴船口駅
貴船口駅
叡山電鉄では、貴船口駅と二ノ瀬駅の間で一度車内の電気を消してくれて、ライトアップされた紅葉を車内から見ることができます。 都会の電車では味わえない良さですね!


大津
19時過ぎ、京都駅からJR琵琶湖線(東海道線)に乗り10分弱、たった2駅で滋賀県の大津駅に到着です。 ここから浜大津駅すぐ前の宿泊先まで向かいます。大津駅から琵琶湖方面に進んでいくと浜大津駅です。
大津駅
JR大津駅前

宿泊場所は 中村屋 というお宿
浜大津 中村屋
中村屋
駅のすぐ前なのですが、写真の通り、入り口がかなーり分かりづらかったです。
浜大津 中村屋
部屋は2人にしてはちょっと広めのごく普通の和室でした。 おそらく宿泊客は私たちだけで貸し切り状態です。
宿泊代金は4500円。京都だとこの時期にこの値段じゃ、なかなか泊まれないので有りがたい価格です。
宿の旦那さんはパンチがきいたお洋服を着ていましたが、気さくな良い人でした。
浴槽は改装したばかりなのか、広くて、ジャグジーが出たりする面白いお風呂でした。


宿に着いたものの、夕食をまだ頂いていませんでした・・・。

浜大津駅周辺は金曜の20時前というのに、かなり閑散としています。
ちょっと不安になりつつも、どこか良い店はないかなーと思って探していたら見つけたお店が「おふく」でした。
酒亭おふく (浜大津)
酒亭 おふく
浜大津の駅から歩いて2分ほどのところにあるお店です。
中は常連さんと思われるお客さんが数名、料理人のおにいさんが2名、元気で愛想の良いおばちゃんが1名。 まずは店入り口の黒板に前面に出ていたおでんを頼んでみます。
あとは串あげ10本盛り合わせや牛すじ味噌煮込み、鶏のから揚げなどを注文。
酒亭おふく おでん
おでん
よくお出汁が染みていて、美味しかったです。
頼んだもので一番美味しいと思ったのは鶏のから揚げで、友人も気に入っていました。
牛すじ煮込みも関西らしくて良い注文だったなと思います。
これで、お代ひとり2300円でした。安い!


つづき[三十三間堂周辺(三十三間堂、智積院、妙法院門跡、豊国神社、方広寺)]です
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/460-b81f2612
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。