FC2ブログ
注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.01

6:00のお朝事から 牛に引かれて善光寺参り

善光寺 本堂
善光寺 本堂
http://www.zenkoji.jp/(善光寺)

善光寺は、飛鳥時代に創建され、阿弥陀如来像との結縁の場として、広く信仰されている古刹です。
江戸時代になると「牛に引かれて善光寺参り」の伝承で全国的に知られ、一生に一度はお参りしないと極楽浄土に行けないと、参拝者が絶えず、今日では年間600万人以上の人々が訪れています。
(御開帳のあった2009年は2カ月弱の御開帳の期間だけで、参拝者数が600万人を超えたそうです)

本堂で、毎朝日の出に合わせて始まる法要「お朝事」に参加するために、5:30に宿を出て、善光寺に到着しました。
お朝事が始まる前に、本堂で内陣券を購入し、150畳敷きの広大な内陣や、弥勒菩薩像、地蔵菩薩像などを拝観し、お戒壇めぐりもしてきました。
治ってほしい患部と同じところをなでると、神通力にあやかり治してもらえるという「びんずる尊者」の頭と目もなでてきました。

お戒壇めぐりとは、本尊の瑠璃壇床下の真っ暗な回廊をめぐり、ご本尊の真下にある「極楽の錠前」に触れることが出来れば、極楽往生が約束されるというものです。
私は、まっ暗闇の回廊を歩くのに必死で、残念ながら、錠前を見つけることは出来ませんでした。
修行が足りん!ね

善光寺の朝は早いです。
5:30から本堂の内陣を拝観でき、この日は6:00からお朝事が始まりました。
お朝事開始時間は時期によって変わるので、善光寺HPのタイムテーブルを参照のこと

本尊には絶対秘仏の一光三尊阿弥陀如来像が厨子に入れられ、安置されています。
ちなみに7年に1度の御開帳で見られるのは、本尊の分身の前立本尊で、本尊は見ることができません。
お朝事や法要の時には、戸帳があがりお参り出来ます。

善光寺 お数珠頂戴善光寺 お数珠頂戴
お数珠頂戴
お朝事の前に善光寺の住職が参拝者の頭を数珠で撫でて功徳を授ける
お数珠頂戴の時間には、特にあやかろうと、本堂の前に列が出来る


善光寺 仁王門
善光寺 仁王門
善光寺 仁王門善光寺 仁王門
門は1918年に再建されたもので、高さ5mの立派な仁王像が両脇に建っています、


善光寺 仲見世通り
仲見世通りにはおやきなどを売るみやげ屋や、仏具屋、宿坊などが軒を連ねています。
善光寺 仲見世通り善光寺 延命地蔵尊(堂跡地蔵尊)
右は、昔本堂があった場所に鎮座している延命地蔵尊(堂跡地蔵尊)

善光寺 宿坊
宿坊が立ち並ぶ (この写真は淵之坊 http://www.fuchinobo.or.jp/
善光寺には39の宿坊があり、それぞれに御堂があり、住職がいます。
常智院、薬王院など「院」とつくものが天台宗で、兄部坊、徳行坊など「坊」浄土宗の宿坊です。

善光寺の宿坊で1泊して、精進料理を食べると大体10,000円~


善光寺 大勧進と大本願
善光寺 大勧進
大勧進   ぬれ地蔵・六地蔵の向かいにある、天台宗の本坊
住職は代々比叡山延暦寺より選ばれる慣習になっているそうです。
大勧進の前の放生池にはたくさんのカメがおりました。
善光寺 大本願
大本願   仁王門の手前にある、浄土宗の大本山
宝物館には重要文化財の紙本墨書源氏物語事書や、日本最古の設計図などがあります。
しだれ桜がきれいに咲いていました。

世尊院 釈迦涅槃像
世尊院 釈迦涅槃像
仲見世通りにある、世尊院釈迦堂。
本尊は日本唯一の等身大の銅造釈迦涅槃仏像で、通常だと拝観するのに1回1,000円かかります。
今回のゴールデンウィークは特別公開をしていたので、無料で御堂の畳の上まであがれて、間近で拝観することが出来ました。
もしかすると、わりと頻繁に特別公開してるのかもしれませんね。


ぬれ仏、六地蔵
仲見世通りを歩き、山門の手前にあるのがぬれ仏と六地蔵

善光寺 ぬれ仏
ぬれ仏
1722年に造られ、大火を出した八百屋の霊を沈めたという伝承があります。
善光寺 六地蔵
六地蔵
ぬれ仏のとなりに鎮座しています。「地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天」の六つの輪廻の世界で人を救う菩薩です。


善光寺 山門
善光寺 山門
1750年に建立された二層入母屋造りの門

日本忠霊殿(資料館)
善光寺 日本忠霊館(資料館)
戊辰戦争から第二次世界大戦に至るまでに亡くなった240万人あまりの英霊を祀っています。
1階は善光寺所蔵の器財、資財、撫でられ過ぎて擦り減ってしまった
「びんずる尊者像」の修繕様子の資料なども展示されていました。

善光寺 雲上殿善光寺 経蔵
雲上殿                             経蔵
善光寺 鐘楼善光寺 大勧進 護摩堂
鐘楼                             大勧進 護摩堂

善光寺 本堂
裏から見た本堂  大きい・・・



小川の庄のおやき

小川の庄小川の庄
おじいさんとおばあさんが囲炉裏で焼いてくれる「小川の庄」のおやきが、おいしすぎました。(味は野沢菜)
関東で食べられたら、毎週通いそうです。
170円でおみそ汁と、あったかいお茶もいただいてしまいました。安すぎます。
http://www.ogawanosho.com/



清水屋旅館
お朝事に参加するために、善光寺近くの旅館に宿泊しました。
安いけど綺麗な部屋で、コストパフォーマンスの良い宿でした。
清水屋旅館清水屋旅館
清水屋旅館


私たちは素泊まりだったので、部屋でアップルパイやおやき、信州牛のお弁当、りんごワインなど長野の名産っぽいものを買って帰り、部屋で食べました。暖めたアップルパイがとってもおいしかった~

清水屋旅館
長野市大字長野花咲町1254
 素泊まり3,500円(1名のとき3,700円)
 2食付き6,100円(1名のとき6,300円)
 宿HP http://www.geocities.jp/shimizuyajp/
 Web予約(るるぶ) http://rurubu.travel/hotel-detail/5123A23.html

[次は  栗と花と北斎のまち 小布施 です]
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/598-8f3233e0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。