FC2ブログ
注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.02

栗と花と北斎のまち 小布施

2011年4月29日~5月1日 長野旅行
1日目   戸隠そば「仁王門屋」  戸隠五社めぐり
2日目   戸隠忍者からくり屋敷・戸隠森林植物園  日本三大車窓「姨捨棚田」
3日目
   お朝事より「善光寺」   栗と花と北斎のまち「小布施」
  
岩松院
満開の桜に彩られた 岩松院 山門

当初、この旅行の予定には組み込まれていなかった小布施。
お朝事帰りに善光寺仁王門前で出会った タクシー運転手のおっちゃんに おすすめされたことがきっかけで、急きょ予定に小布施を組み入れることに。(ちなみに、おすすめ次点は松代)

長野電鉄 長野駅
長野電鉄 長野駅

長野駅から長野電鉄でゆられて40分弱、葛飾北斎と栗菓子で知られる「小布施」に到着です。
小布施は北斎が晩年を過ごした地で、北斎が88歳から89歳にかけて描きあげた「八方睨み鳳凰図」(岩松院の天井絵)などが有名です。
小布施駅
小布施駅舎

小布施 栗の小径
小布施 栗の小径
小布施 北斎館
北斎館
北斎の肉筆画や画稿、書簡を収蔵・展示しています。
2階建ての管内の所要時間は30分超~45分程度といったところでしょうか。
OBUSE
花のまち OBUSE
心が和んだ沿道の花

岩松院
小布施駅から歩いて30分ほどのところにある曹洞宗の寺院で、本堂天井には北斎の晩年の大作が描かれています。
境内自由、本堂拝観は300円。

岩松院 仁王像岩松院 仁王像
岩松院山門の両脇に立つ 仁王像

岩松院 本堂
岩松院 本堂

岩松院 八方睨み鳳凰図
21畳敷きの本堂の天井いっぱいに描かれた「八方睨み鳳凰図」
ふんだんに使われた金箔と鮮やかな朱に圧倒されました。
(天井絵はさわやか信州旅.net より)

岩松院 福島正則公霊廟
岩松院 福島正則公霊廟
関ヶ原の戦いで名を馳せた秀吉の家臣 福島正則の墓が本堂の裏にあります

花のまち小布施
岩松院わきの花々


小布施の見どころは岩松院の本堂天井絵でしょう。
まちを巡回するバスが1時間に1本ありますが、やや不便。
1乗車で運賃をとるのではなく、乗り放題の乗車券を事前に駅やまちのお店などで購入してからでないと、乗車できません。
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/599-addcac59
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。