FC2ブログ
注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.05

京急 記念艦三笠きっぷで行く横須賀汐入 ~三笠公園~

京急 記念艦三笠きっぷ
京急 記念艦三笠きっぷ きっぷフォルダ表紙、表紙裏面 

京急電鉄の企画きっぷ「記念艦三笠きっぷ」をつかって横須賀観光です。
記念艦三笠きっぷ
内 容    1.京急線の発売駅⇔フリー区間接続駅までの往復乗車券
          +フリー区間乗車券(追浜駅~浦賀駅・京急久里浜駅)
        2.記念艦三笠の入艦券(通常大人500円)
        3.Z旗ハンカチ
        4.周辺施設優待割引
        5.スタンプラリーによる特典(3つ集める)…三笠クリアファイル
発売額    品川駅1,400円、京急川崎駅1,200円、横浜駅1,000円、フリー区間内の各駅800円
発売期間  2011年4月29日(金・祝)~2012年3月31日(土)
発売箇所  京急線各駅(泉岳寺駅を除く) 

記念艦三笠きっぷ
横浜駅から汐入駅まで単純に往復しただけでも700円なのに、さらに通常500円の三笠の入艦券と記念グッズ(Z旗ハンカチとクリアファイル)が付いて、1,000円とは・・・お得です!

京急 記念艦三笠きっぷ
京急 記念艦三笠きっぷ きっぷフォルダ内面

京急 記念艦三笠きっぷ
きっぷは三笠入艦券と併せて、(フリー区間外発の場合)3枚ないし(フリー区間内発の場合)2枚つづり
※きっぷの画像は2011年9月18日に2度目の三笠&猿島 探訪のときに使ったものです。



横浜駅から30分ちょっと、汐入駅で下車です。
まずは、YOKOSUKA軍港めぐり のチケットを購入しに行きました。
軍港めぐりは1便あたりの定員130名中、ネットなどで事前に予約をとれるのが80名分で、残りは当日販売分になります。雨天だと、2階のオープンデッキに出られないため、当日券の販売はありません。
土日祝日の便の事前予約は1週間前には全便埋まってしまうようで、事前に予定を立てていないのであれば、朝に買いに行くしかありません。

今回は11時少し前に行って13時の便のチケットを購入してきました。

さて、軍港めぐりの出航まで、三笠公園に行って「記念艦三笠」を見に行ってきましょう。


三笠公園 「記念艦三笠」
三笠公園に記念艦として保存されている、大日本帝国海軍の戦艦「三笠」。
排水量1万5140トン、全長122m、幅23m。

 1902年(明治35)にイギリスで建造され、1904年(明治37)に始まった日露戦争で、東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊の旗艦として活躍しました。特に、1903年(明治38年)の日本海海戦では、ヨーロッパのバルト海から派遣されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖で待ち構え、集中砲火を浴びながらも戦い、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に貢献しました。 
 1923年(大正12年)には、ワシントン軍縮条約によって廃艦が決定され、横須賀で保存されることとなった三笠でしたが、太平洋戦争敗戦により、アメリカ軍人のためのダンスホールや水族館など、娯楽施設が設置され、さらには物資不足による構造物の盗難多発により、艦は荒廃してしまいました。
 この惨状を見たイギリス人の貿易商ジョン・S・ルービンが英字紙「ジャパンタイムズ」に投書した内容が、大きな反響を呼び、三笠保存の動きが急速に盛りあがることとなりました。
 アメリカ海軍のチェスター・ニミッツ提督の協力で、横須賀にあった廃艦1隻が米軍より日本に譲渡され、スクラップにして得た費用を復元に充させるなどし、1961年(昭和36年)には復元記念式が挙行されました。これが今に見る「記念艦三笠」の姿です。

記念艦三笠
東郷平八郎像と記念艦三笠

記念艦三笠

記念艦三笠


記念艦三笠

記念艦三笠記念艦三笠
砲塔や煙突、マストをはじめとする多くは新しく作成されたレプリカです

記念艦三笠
中にはハンモンックも

記念艦三笠
甲板や船室が公開され、司令長官室も復元。乗組員の遺品、日本海海戦等の資料を数多く展示しています

記念艦三笠
記念艦三笠
記念艦三笠
記念艦三笠

記念艦三笠
アクセス   京急線横須賀中央駅から徒歩15分、汐入駅から徒歩20分
開艦時間  4月~9月 9:00~17:30 (3月、10月 ~17:00  11月~2月 ~16:30)
入艦料    大人500円、 65歳以上400円、 高校生300円、 中学生以下 無料
休艦日    12月28日~12月31日


記念艦三笠きっぷ おすすめです。

次は [汐入桟橋から YOKOSUKA軍港めぐり]
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/603-11713386
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。