注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.05

また泊りに行きたい~直島 民宿「竹の家」~

直島 民宿 竹の家
直島 民宿「竹の家」

【>旅行のスケジュールや概要はこちらの記事】

直島で泊まったお宿がとってもいい宿だったので、ご紹介。





直島 民宿「竹の家」

HP  直島観光協会 http://www.naoshima.net/stay/minsyuku_takenoya/
    宿のホームページ(ネット予約可) http://takenoya.org/

宿泊料 3,000円~(ハイシーズン2人1室利用 4,000円)
      小学生=おとなの7割、6~3才=おとなの半額、3才未満無料
      朝食700円、夕食応相談

場所 ・宮浦港からバスで4分 役場前下車徒歩3分
    ・家プロジェクトの「はいしゃ」から徒歩3分
    ・本村港から徒歩10分

私の感覚では
 総合       4.5
 部屋       ★★★★
 風呂、料理   評価不能
 接客・サービス ★★★★★
 清潔感      ★★★★★
  接客・サービスが、安宿系の中では 出雲の持田屋旅館の女将さんに並び、2トップ(・▽・)


より大きな地図で 民宿 竹の家 を表示






3月末に、ゴールデンウィークの直島の宿泊先を検索したところ、楽天トラベルやじゃらんでは直島の宿泊先があまり引っかからなかったので、観光協会のHPへ。
  http://www.naoshima.net/
おお!いろいろある(・o・)

そこで発見したのが、民宿 竹の家。
旅行サイトでは宿泊予約ができないから、前評判がないけど大丈夫かな??
と思いつつも、HPからネット予約ができ、空室があるのが分かったので、早速予約しました。
GWはレンタサイクルの在庫が足りなくなることがあるそうなので、自転車が無料で借りられるということもポイントでした。

和室6畳+3畳 2人利用で、素泊まり4,000円。
GWのハイシーズンに、この部屋の広さでこの価格は文句なし。これで部屋が綺麗ならいいな。

事前にお願いしておけば、宮浦港にも迎えに来てくれるそうですが、私たちはぶらぶらしていたので、地中美術館から歩いて、当日18:00頃にチェックインしました。

親切そうなご主人が迎えてくれました。
到着すると別のお部屋の方のお食事をつくっている最中で、テーブルにはおいしそうな海鮮のおかずが。
どうやら釣り好きなご主人が今朝釣ってきたお魚だそうです。
こんなに生きが良くて、おいしそうな魚介類をたべられるなら、お宿の夕食を付ければよかったー!
なんて思ったのですが、聞いてみると、いつもやっているわけではないそうです。
応相談ですね。

さて、私たちの夕食ですが・・・どうしましょ。
直島は夜にやっているお店が少なかったような。(なのにちゃんと調べていなかった)

ご主人に聞いてみると、「近くにある「中奥」なら夜にやってるけど、GWだから電話してみるね。」とのこと。
電話をしてみると、席が空いているとのことだったので、お宿の自転車を借りて早速向かうことに。
ありがとう!ご主人。

お宿の自転車は限りがあるとの記載があったので、少し心配だったのですが、台数は十分な数。
こちらのお宿は全4部屋なので、全部屋満室2人泊まったとしても十分に足りそうな数がありました。
野ざらしにされているので、若干ペダルが重いのですが、無料ですから気になりません!

自転車で3分くらい、多分歩いても10分くらいの場所にカフェサロン「中奥」がありました。
お座敷にあがり、ちゃぶ台で食べるカフェ居酒屋メニュー。
美術館関係の本が置かれたスペースもあって、くつろげました。
店内はアートな島にぴったりの雰囲気で、居心地がとても良かったです。

日本酒も飲んで、お刺身も食べて、お肉も食べてお腹いっぱい食べたのですがお会計は2,500円行かないくらい。
うどんばかり食べていて、白米が恋しくなった私たちは、1人あたり ごはん1杯半食べてしまいました(・▽・;)
  


そして、お酒を飲んでしまったのですが、直島銭湯 「アイ・ラヴ・湯」に行かなくては =3

お宿に戻って、(宮浦港から帰る場合はご主人が送ってくれるので)ご主人から帰りの時間を聞かれた際に、これから銭湯に行くことを話すと、ご主人が銭湯まで車で送って下さるとのことに。
助かります!
帰りはお酒飲んじゃうからごめんねーと謝られましたが、むしろ送ってもらえるだけでありがたいんで・・・(・▽・)
ご主人には、宮浦港からの最終バスの時間を教えてもらって、銭湯に向かいました。

お宿のHPに書いてあった通り、ご主人が送迎の面倒をしっかり見てくださって、ありがたかったです。

直島銭湯に行き満足して、お宿に戻り、寝る準備。
和室の場合は廊下を歩きますが、トイレとお風呂は部屋ごとにありました。
お部屋もトイレも掃除が行き届いていて、外から見たイメージよりも綺麗でした。
宿泊者が利用できるノートパソコンが置いてあり、ネットのWi-Fi環境もあり、パスワードが貼ってありました。
お宿の環境も満足です。

翌日、朝食を決めてない私たちを見かねたのか、お宿で軽めの朝食をとりました(・▽・)
ご主人お料理上手です。お味噌汁うまうま。 直島の「味のり」はこちらならではですね。
本来のお食事には鮭や目玉焼きなどがつきますよ~。

直島 民宿 竹の家
民宿 竹の家  軽め朝食


荷物を預けたまま、お宿の自転車でいざ豊島行きフェリーに乗るために宮浦港へ出発!
そして豊島&お宿の徒歩圏内にある 家プロジェクト を観光後、チェックアウトして、徒歩で本村港へ。

このあとちょっとしたハプニングがあって、最後までご迷惑をかけたのですが・・・。

いろいろお世話になりました(・▽・)

お宿でご主人の遊漁船を使った、朝の釣り体験や海ほたるとナイトクルージング体験をやっているみたいで、また泊りに行きたいですね!

この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/653-4ef04400
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。