注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.04

高知 日曜市、ひろめ市場、龍馬伝幕末志士社中 -四国アートめぐりの旅2日目

・期間 2014年5月3日~5月6日
【>旅行のスケジュールや概要はこちらの記事】


こうち旅ひろば、龍馬伝幕末志士社中
高知駅前 こうち旅ひろば、龍馬伝幕末志士社中


徳島に宿泊したので、2日目は朝に徳島から高速バスに乗り、高知に向かいました。
目的はシャガール作品を多数所蔵する、高知県立美術館だったのですが・・・。





 7:20 朝食 セルフうどん やま徳島駅前店

高速バス乗り場に近い徳島駅前にあり、朝からやっているということで、朝食はこちらのお店で、かけうどん小(200円)をいただきました。
ネットのクチコミがそれなりに良いお店で、高松のうどん屋と同じくらいの点数だったのですが、
高松のお店とはレベルが違いました。
徳島はうどんの本場じゃないから仕方がないか。
クチコミを考えなければ、セルフなのに綺麗なボックス席に座れて満足でした。
立地も良いので、朝からほぼ満席で、繁盛していそうでした。

セルフうどん やま徳島駅前店


 7:45 徳島駅 発《高知徳島エクスプレス/2,100円》→
10:35 高知(はりまや橋) 着

    日曜市、ひろめ市場

     昼食 ひろめ市場で購入した 鰹のたたき 等

300年以上の歴史を持つ土佐の日曜市。
毎週日曜日に、高知城下追手筋 1.3kmにわたって約500店が軒を並べています。
ちなみに、日曜市のほかに、高知の別の通りで火曜市、木曜市、金曜市が開かれています。

高知市HP http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/40/gairoitigaid.html

大規模な市場でした。
高知名産のショウガや、かんきつ類、トマトなどの野菜、ジュースや工芸品に、園芸品からヤドカリまで、いろいろなものが売られていました。

晴れやかな天気なので、入口すぐのところでまずアイスクリンを買って、歩きました。
(ちなみに入口のアイスクリン屋さんは200円ですが、もっと奥に行くと100円で売っているお店がありました。)

ゴールデンウィークなので、かなりにぎわっていました。

いも天が有名な、天ぷら屋の「大平商店」はすんごい行列。
おいしそうですが、いったい何十分待つんでしょう??

お昼はひろめ市場で買ったものを食べたかったのですが、こちらも館内はものすごい人、そして行列。。
身動き取れない。
カツオのたたきで有名な「明神丸」なんて、行列が長くなりすぎて、並ぶことされできない状態。

諦めました。
ひろめ市場に入って歩いただけで、ものすごい疲労感です。

市場で買ったものを、外で食べましょう。

ひろめ市場で買ったカツオのたたきや寿司、日曜市で買った田舎ずし(みょうが・しいたけ・たけのこ・こんにゃくなど、山の幸を生かしたお寿司)を購入して、高知城前でいただきました。

高知 日曜市、ひろめ市場


14:00 高知県立美術館

日曜市を一通り見たので、土佐電鉄の路面電車に乗って、県立美術館通駅で下車。
南の県庁所在地(中国・四国・九州)は路面電車がある都市が多いですが、本数が多いし、駅区間が短いので、旅行に便利ですね。

さてさて、シャガール作品を多く所蔵している高知県立美術館を大目的に、はるばる来たのですが

企画展中はシャガールの展示はほとんどないですと!?

ちなみに版画作品以外で見られたのは写真の2作品。
版画作品もかなり少なそうな感じ・・・(;_;)
あーやらかした。

高知県立美術館



16:30 こうち旅ひろば、龍馬伝幕末志士社中、高知観光情報発信館 とさてらす

路面電車で高知駅に向かい、駅前のこうち旅ひろばにて、坂本龍馬像や武市半平太像とパシャリ。

また竜馬の着ぐるみさんや土佐おもてなし勤王党さんともパシャリ。
土佐おもてなし勤王党の中岡慎太郎さん(黄色)はサービス精神満点で、旅ひろばを歩いていた私たちに、あちらから「写真を撮るか?」と声をかけてくれました。
ステージ上でポーズも撮ってくれて、いい記念になりました。

ステージが終わったばかりの時間だったようで、旅ひろばや龍馬伝幕末志士社中で、坂本竜馬(青)、岩崎弥太郎(紫)以外の4人をお見かけしました。ラッキー。

龍馬伝幕末志士社中の中では、武市半平太(水色)に袴や着物を着せてもらって、記念撮影。
名前の通り、しっかりおもてなししてくれました!

土佐おもてなし勤王党  http://www.attaka.or.jp/tabihiroba/omotenashi-kinnoutou.php

観光情報発信館「とさてらす」では、ぼうしパンや、ショウガ漬け、カツオの角煮や芋けんぴを買って帰りました。
今回の旅行の中で、高知が一番、食べ物が豊富だったと思います。
日曜市もすごかったですしね。

土佐おもてなし勤王党


最後に高知よさこい情報交流館に寄り、はりやま橋バス停で ぼうしパンを食べながら、帰りの高松行のバスを待ちました。

高知よさこい情報交流館



19:00 高知駅 発《黒潮エクスプレス/3,400円》
21:10 高松駅 着
宿泊  HOTEL WAKABA (高松駅徒歩10分/3,850円)
  
  
この日は朝に徳島から高知(3時間)、夜に高知から高松(2時間)の移動があったので、
計5時間と、意外とバスに乗ってることになりました。

宿泊先の「HOTEL WAKABA」は高松から徒歩圏内の便利なビジネスホテルでしたが、ビジネスホテルなのに入口からとってもファンシーな雰囲気が漂っていました。
全体的に清潔感のあるホテルで、部屋にも入口同様、西洋風の可愛らしい飾りがおいてあったりしました。
あと、変っているのが、各部屋にマッサージチェアが置いてあること。
なかなか立派なマッサージチェアだったので、しっかり利用させていただきました。
あと、1階にあるコミックルームのコミック9,000冊は部屋に持ち込みOKということで、私の友人はそれを読みふけって随分夜更かしをしてしまったようです。
友人はこのホテルが気に入ったようで、何よりでした。(私もビジホの中では好きな方です)

3日目は高松市街観光と直島へ
【3日目 高松、ベネッセアートサイト直島、地中美術館、直島銭湯】

この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/657-bb9724a0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。