注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.14

広大な遺跡群 穏やかな表情の巨大石仏に出会える「古代都市ポロンナルワ」

スリランカ旅行 2014年3月13日~3月17日 2日目
【>旅行のスケジュールや概要はこちらの記事】


古代都市ポロンナルワ
インドのチョーラ王朝の侵略によってアヌラーダプラを追われたシンハラ王朝が10-12世紀に二番目の首都をおいた場所です。1982年世界遺産登録。


古代都市ポロンナルワ
遺跡入口すぐのところにある宮殿跡


観光時間は14:30~16:30の2時間。
でもティワンカ・ピリマゲ寺院など色々見切れていないので、半日くらい居てしっかり見たかったところでした。
見ごたえのある遺跡です。

古代都市ポロンナルワ
宮殿跡付近にあった会議室跡
ゾウや獅子のレリーフが緻密でした。

古代都市ポロンナルワ
子どもたちが集まっているのは、石碑「ガルポタ」 別名石の本

古代都市ポロンナルワ
がルポタのとなりにある、タイの建築様式に似た7階建ての塔「サトゥマル・プラサーダ」

古代都市ポロンナルワ
かつては仏歯が納められていたという寺院「アタターゲ」

古代都市ポロンナルワ

古代都市ポロンナルワ
アタダーケに似た「ハタターゲ」

古代都市ポロンナルワ
ハタターゲの内部

古代都市ポロンナルワ
遺跡群の中心にある円形の仏塔「ワタターゲ」

古代都市ポロンナルワ
ワタターゲの内部には、東西南北の入口に向かって、4体の仏像が安置されていました

古代都市ポロンナルワ
ワタターゲも会議室のようにレリーフが緻密です


古代都市ポロンナルワ
外観の保存状態が良い仏塔「トゥーパーラーマ」
見学当時は修復中でした

古代都市ポロンナルワ
トゥーパーラーマの内部は、宝石が略奪され、
中央の仏像も破壊されましたが、左右に7世紀の仏像が残っています

古代都市ポロンナルワ
高さ17.5m寺、幅18m、奥行52mもある大きな寺院「ランカティラカ」
内部に安置されている頭部が欠損した巨大な仏像
仏像の裏にある薄暗い通路「瞑想の道」にはコウモリがいらっしゃいました

古代都市ポロンナルワ
ランカティラカの壁のところどころにはフレスコ画の残像が

古代都市ポロンナルワ
「キリ・ヴィハーラ」
キリはミルクという意味、白いストゥーパ(仏塔)という感じでしょうか

古代都市ポロンナルワ
私たちは主要どころを周る感じでした。本当はあちらこちらに小さいものも含めもっと多くの遺跡がありました

古代都市ポロンナルワ
ポロンナルワの北へ
ティワンカ・ピリマゲ寺院の美人画が看板絵になっています。
が、私は行けていない(;_;)

古代都市ポロンナルワ
ガル・ヴィハーラの手前にある遺跡

古代都市ポロンナルワ
「ガル・ヴィハーラ」
左から座像、壁龕内の仏像

古代都市ポロンナルワ
「ガル・ヴィハーラ」
右側に立像と涅槃仏と並んでいました

表情がとても穏やかなのが人気で、人々からの信仰も厚いようです
私も見とれてしまいました。近づくときは靴を脱いで見学します。


非常に見ごたえのある、広大な敷地に点在する遺跡群。
遺跡好きにはたまらないし、そうじゃなくてもぜひ見て良かったと思える遺跡だと思います!
広かったーもっと見たかったー

午前 【160体以上の黄金の仏像が圧巻!「ダンブッラの黄金石窟寺院」】

→ 2日目は【樹海にそびえ立つ空中宮殿「シギリヤ・ロック」】


この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/664-b9779705
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。