注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.22

9/22~23 伊豆高原でリフレッシュ旅行 ~大室山と一碧湖、橋立吊橋~

9月の5連休。宿泊先の「高原の天詩」を中心に、伊豆高原、伊東駅周辺を1泊で観光してきました。

伊豆高原
大室山→一碧湖→伊豆高原で宿泊→橋立吊橋

【旅行期間】
 2015年9月22日(祝)~9月23日(祝) 1泊2日

【旅行代金】
・宿泊    13,150円(高原の天詩)
・交通     7,040円(伊東~横浜往復 3,320円、特急自由席券980円、普通グリーン車券780円、
              伊豆急行・伊豆高原~伊東 660円、伊東観光フリーパス 1,300円)
・食事    2,585円(パスタ 1,260円、まんじゅう 145円、海鮮丼 1,180円)
・入館料等 1,450円(大室山リフト 450円、伊豆高原の湯 1,000円)
----------------------
      24,225円

【行程(概要)】
09:24 横浜駅  ~ 10:45伊東駅 (踊り子105号)
  伊東駅周辺散策 (「みその」で温泉まんじゅう)
11:30 伊東駅バスターミナル ~ 12:10 池田美術館 (東海バス 伊東観光フリーパス
  イタリア料理 ビーギル(B-gill) でランチ   http://www.b-gill.com/
13:21 池田美術館 ~ 13:24 一碧湖 (東海バス)
  一碧湖散策
13:58 一碧湖遊歩道前 ~ 14:10 シャボテン公園 (東海バス)
  大室山散策
15:52 シャボテン公園 ~ 15:58 理想郷 (東海バス)
  高原の天詩 宿泊
09:36 大室高原九丁目 ~ 09:46 伊豆高原駅
  伊豆高原の湯(90分)   http://www.suiransou.com/
  橋立吊橋(20分)
  伊豆高原やまもプラザ (「べるじゅ」でお土産購入)
13:17 伊豆高原駅 ~ 13:40 伊東駅 (伊豆急行)
  楽味家まるげん でランチ
15:20伊東駅 ~ 熱海駅乗換 ~ 17:08横浜駅 (伊東線、東海道線)
 
伊東駅
伊東駅

6年ぶりの9月の5連休。人生初の特急踊り子利用で、伊東へ。
ちなみに踊り子車両そのものには、朝に東海道線の普通列車の下りで乗ったことがあります。
今回は、指定席が取れなくて、自由席利用だったのですが、途中駅である横浜駅乗車でも2人並びの残席が複数ありました。
戸塚で海側窓に移動することも出来て、問題なく快適な席に座れてよかったです。

伊東駅周辺では、「みその」で温泉まんじゅうを買って、サービスのとうがらし梅茶をセットでいただきました。
甘いものとちょっと辛いものって合いますね。

伊豆高原
B-gill

伊東駅前から東海バスに乗って、一碧湖の2つ先のバス停「池田美術館」の目の前にあるイタリアン「B-gill」に。
この旅行の同行者は、色々とお店を見つけてきてくれる子なのですが、ここもなかなか良いお店でした。

この日のランチメニュー (前菜3種、サラダ、メイン、デザート、ドリンクのセット)
 パスタA 駿河湾シラスと甘辛のパスタ(ペペロンチーノ) 1,180円
 パスタB チキンのアマトリチャーナ(トマトソース) 1,180円
 ニョッキ キノコのニョッキ(ワイン クリームソース) 1,260円
 お魚   カマスとアサリ、ムール貝のアクアパッツァ 1,350円
 お肉   ビーフシチュー              1,350円

見ての通り、ニョッキを注文。もちもちで量も多すぎず少なすぎずでちょうどよかったです。
とくに美味しかったのは、デザートのイチゴのパンナコッタ。あと、紅茶も茶器が良くて、美味しく飲めました。

伊豆高原
一碧湖

東海バスで2つバス停を戻って、一碧湖へ。
周囲4kmの小さな湖なので、湖畔を20分ほど歩いて散策しました。
良い天気なので、気持ち良かったです。

伊豆高原
大室山

伊東駅前の観光協会のおじさんに聞いたところ、
「大室山は混んでいるよ!」と言われていたので少々心配しつつも、東海バスで大室山へ。

着いてみたら…大室山のリフト待ちの行列がずらり。うへぇ混んでる。。

20分ほど待って、大室山リフトに乗り、山頂方面へ。

昇ってみると、なんと!絶景。
しかも、リフト前は混んでいましたが、山頂はそこまで混雑している印象を受けません。
大室山のリフトの輸送力が1時間あたり900人のため、輸送力が間に合っていないだけのようです。

そして、青空の下、約1kmの噴火口跡を周回する 「お鉢めぐり」散策へ。
リフレッシュできました。

伊豆高原 高原の天詩
伊豆高原 高原の天詩

16時すぎに本日の宿泊先にチェックインしました。
外観は洋館風。泊まるお部屋は、30平米ほどのツインルーム。なかなか広々としていて、快適です。

着いて早々、部屋でワインとやまももジュースのウェルカムドリンクをいただき、色浴衣を選んで、すぐお風呂へ!
小さな宿なので家族風呂。内湯のりんご風呂と露天風呂で、ゆっくり温泉を堪能。

そして、18時半から夕食です。

伊豆高原 高原の天詩
伊豆高原 高原の天詩の夕食

・オードブル前菜
・地野菜盛合わせ
・創作野菜寿司
・スープ・自家製パン
・金目鯛パスタ
・静岡ポークソテー
・チョコレートパフェ

夕食は一品一品部屋に持ってきてくれます。ドリンク持ち込み自由というのも嬉しいです。

野菜が本当に美味しかったです。伊豆高原産野菜盛りは食べきれなかったのですが、生の野菜のおいしさを実感しました。
そして、次に出てきた創作野菜寿司。見た目は驚きましたが、意外に、酢飯と野菜って合うんですね。
こちらもぺろりと食べてしまいました。

また、途中出てきた自家製のパンがなかなか好みで、友人も気に入っていました。
一番気に入ったのは、伊豆の名物金目鯛のパスタは、柔らかくて美味しくて、パスタのソースにもよく馴染んでいました。


さて、この後に宿泊プランに含まれた、アロマエステと手相占いもやってもらいました。
アロマエステは手頃なプランに含まれたものなので、脚かフェイシャルのどちらかを選ぶというもの。
私は脚で、友達はフェイシャル。
香りの良いお部屋でやってもらうと、かなりリラックスできました。
これまで、アロマとか匂いについて全くの無関心だったのですが、ちょっと面白いと思いました。

占いをして貰ったのは初めてだったのですが、お話が楽しいおばさまでした。(なおアロマエステの施術師を同じ女性)
貴重(?)なアドバイスもいただき、部屋に帰って友人と色々話しました。
占いは友人と一緒にやると面白いですね^ ^

伊豆高原 高原の天詩
伊豆高原 高原の天詩の朝食

・ハンバーガー
・スープ
・紅茶
・モーニングティープレート

朝も部屋食で、朝から中々のボリューム。朝食を食べるのに結構時間がかかっちゃいましたw
さて、宿の前のバス停からバスに乗って、伊豆高原駅方面へ。

伊豆高原の湯
伊豆高原の湯

伊豆高原駅から10分ほどあるいたところにある、日帰り入力施設「伊豆高原の湯」へ。
10時開館だったので、開館直後に入館して、1時間くらい入っていました。
茹だりそう~。
こちらの温泉は泥パックが売りのようだったので、泥パックにもチャレンジ。
また館内にあったハンモックに寝たりもしてみました。
開館直後は人が少ないので、ゆったり静かに浸かることが出来ました。良い時間に行けました。

伊豆高原駅の方に戻り、駅直結の「やまもプラザ」に入ってみると徒歩20分ほどのところに「橋立吊橋」というところがあることを知り、向かうことに。

橋立吊橋
橋立吊橋からの景色
城ヶ崎海岸 橋立吊橋

城ヶ崎海岸には2つ吊橋があります。
もうひとつの「門脇吊橋」(長さ48m、高さ23m)は近くまで車で行けるのですが、「橋立吊橋」(長さ60m、高さ18m)は伊豆高原駅の裏に橋立吊橋用の駐車場があることからも分かる通り、少なくとも往復40分は歩かなければなりません。
なので、人が少なく、自然の中にある吊橋を堪能できるかと思います。
個人的には、なかなかおすすめです。

楽味家まるげん
楽味家まるげん 海鮮丼

伊東駅に戻り、海鮮丼を食べて帰宅の途へ。



なお、1日目の移動におもに使った「伊東観光フリーパス」。
事前に旅行代理店で買っておくと、利用期間が1日間ではなく、旅行開始日から2日間使えるパスに変身します。
私も、前日に横浜駅のびゅうカウンターで引換券を購入しておき、伊東駅前の東海バス窓口で、2日間使えるパスに引きかえました。
伊東観光フリーパス
伊東観光フリーパス
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/677-2a5c940f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2016.09.19 11:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。