FC2ブログ
注) 記事分類ごとの最新記事リンクは、記事分類クリック後、右メニュー上部に出ます。

最新の記事

 
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.09.01

8/31~9/1 越後妻有 大地の芸術祭2018(新潟県十日町市・津南町)

今回で7回目を迎える新潟県 越後妻有のアートトリエンナーレ「大地の芸術祭2018」。
今回も楽しみにしていたのですよー。
さて、天候に恵まれない2日間でしたが、廃校プロジェクトに沢山行けたので、前回とはまた全然違った印象になりました。
(前回は天気が良かったので屋外作品も結構見ていたんですよね。)

2日だとかなりバタバタした行程になってしまうので、今度こそゆっくり巡りたいなぁ。
次回も絶対行くぞ^~^


【旅行期間】
2018年8月31日(金)~9月1日(土) 1泊2日

大地の芸術祭2018
レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest: 空の池」

美術館「キナーレ」中央の回廊に囲まれた池を活かした作品。
池の中は光が反射し、空や建物を鏡のように映している。
それが、2 階の中央より眺めると、建物の鏡像が複層化し不可思議に見えてくる。



【走行距離】
ノート e-power
横浜駅周辺発着
 658.7km(現地走行距離 1日目約70km、2日目約120km)




【旅行代金】
宿泊   3,800円 (龍氣 別館 素泊まり)
交通   11,901円 
   (レンタカー×2日間 10,152円、ガソリン代/33.6L 4,740円、
    練馬~湯沢 4,340円 湯沢~練馬[休] 3,490円 有料道路往復78円、駐車場300円)÷2
食事  4,950円 (「由屋」1,400円、「おにぎり屋白雪」1,950円、「松之山郷」1,600円)
入場料等3,600円 (大地の芸術祭パスポート/当日券+ガイドマップ100円) 
--------------------------------
   24,251円




【行程(概要)】
< 1日目 >
05:50 出発
    練馬IC~湯沢IC
    赤城高原SA立寄り
------- 大地の芸術祭エリア -------
10:30 道の駅「クロステン十日町」で芸術祭パスポート購入
【昼食】10:50 名代生そば「由屋(よしや)」  へぎそば2.5人前 天ぷら
11:42 「からむしの部屋」
12:10 越後妻有文化ホール「段十ろう」
12:30 十日町諏訪神社「森ノウチ」
12:58 十日町産業文化発信館「いこて/IKOTE」
13:10 越後妻有里山現代美術館「キナーレ」
14:30 高龗神社「アトラスの哀歌」
15:00 神明水辺公園「バタフライパビリオン」「小さな家」
15:20 やきものがテーマーの茅葺民家「うぶすなの家」
16:05 「妻有田中文男文庫」
16:38 ナカゴグリーンパーク ジェームズ・タレル作「光の館」
16:50 ナカゴグリーンパーク「里山アートどうぶつ園」
17:39 節黒城跡キャンプ場
18:30 越後妻有文化ホール「段十ろう」日没後作品
【夕食】18:50 十日町市街地 居酒屋「おにぎり屋白雪」
21:00 南魚沼市温泉宿「龍氣 別館」 泊

大地の芸術祭2018
十日町中心部「からむしの部屋」「いこて/IKOTE」「森ノウチ」

大地の芸術祭2018
越後妻有里山現代美術館「キナーレ」

大地の芸術祭2018
高龗神社「アトラスの哀歌」、神明水辺公園

大地の芸術祭2018 うぶすなの家
うぶすなの家

大地の芸術祭2018 ナカゴグリーンパーク
ナカゴグリーンパーク「里山アートどうぶつ園」



< 2日目 >
07:00 宿出発
08:15 まつだい駅 併設 道の駅「まつだいふるさと会館」
08:50 まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」
09:55 星峠の棚田
10:10 農家民宿 日芸彫刻コース作「脱皮する家」
10:33 「EDEN」
10:54 奴奈川小学校跡作品「奴奈川キャンパス」(2014年閉校)
11:40 診療所跡作品「ドクターズ・ハウス」
12:10 莇平小学校跡作品「明後日新聞社」(1992年閉校)
12:45 三省小学校跡作品&宿泊施設「三省ハウス」(1989年閉校)
【昼食】13:25 松之山温泉 ひなの宿「ちとせ」内レストラン「松之山郷」
14:45 三角形の建築物「オーストラリア・ハウス」
15:27 東川小学校跡「最後の教室」(1988年閉校)
16:05 黒い毛糸が編み込まれた古民家「家の記憶」
16:54 清津峡渓谷トンネル内「ライトケーブ」
------- 大地の芸術祭エリア -------
石打IC~練馬IC 上里SA立寄り 
21:40 横浜駅



エリアは新潟県十日町市と津南町。
エリア面積は760km2で東京23区(619km2)より広いです。

★十日町市
 人口 約5万人
 面積 590km2
 2005年に川西町・中里村、松代町、松之山町と合併したため、とっても広い市です。

★津南町
 人口 約9,000人
 面積 170km2



すべて周ろうとするなら一週間くらいは必要と云われているので、
2日間だと見たいものを絞ってピックアップし、ルートをよく考えながら見なければなりません。

空家・廃校プロジェクトは10~17時のものが多いので、これもネックですね。

2日日間の現地走行距離は190kmでした。

関連記事 2015/8/7~8/8 越後妻有 大地の芸術祭2015(新潟県十日町市・津南町)
この記事へのトラックバックURL
http://spekey.blog49.fc2.com/tb.php/680-754dc2df
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。